愛宕念仏寺の情報ページ

愛宕念仏寺の全山現況

愛宕念仏寺の全山現況

平安時代の創建から興廃を繰り返した“愛宕念仏寺”は、
千観が復興を果たしたころには、七堂伽藍を有する勅願寺としての体裁を整えていました。
その後興廃を繰り返して行く中、大正時代に現在の地へ移ってきた時には、
本堂と地蔵堂、仁王門しか残っていなかったようです。

 

1955年、先代の住職である西村公朝により整備され、本格的な復興を果たし、
現在の伽藍の基礎が出来上がりました。

 

 

本堂は、
本尊の千手観音が安置されていて、重要文化財に指定されています。
本尊の上の二重折上げ小組格天井に代表される、簡素な和様建築で、
鎌倉様式の美しい曲線が今に伝えられています。

 

地蔵堂には、
愛宕山の本地仏である“火除地蔵菩薩”が祀られています。
平安時代から、火難除けとして霊験あらたかで、
火之要慎(ひのようじん)のお礼で有名です。
延命地蔵さんとしても親しまれています。

 

仁王門には、
金剛力士像〈仁王像〉が建っていて、京都市指定文化財になっています。
江戸時代中期の建立ですが、昭和56年に解体復元修理が行われています。

 

境内には、
千二百体の石像羅漢が安置されています。
これらは、昭和56年に、国家安泰を祈願して全国に発案され、
賛同者が想いを込めて奉納した石造です。

 

多宝塔には、
説法をする姿の釈迦如来の石像が立っています。
左横には、伝教大師像もおられます。

 

ふれあい観音堂には、
手で触れられることを喜んでくださる観音様が安置されています。
目の不自由な人が仏との縁を結ぶ為にできた、最初の観音様です。
恋愛成就としても信仰されています。

 

虚空蔵菩薩は、
宇宙という宝物が沢山詰まった蔵から、無限の福徳と財宝を授けてくださいます。
智恵守りとして、“十三参り”“受験合格祈願”にご利益があるとされています。

 

三宝の鐘は、
仏法僧の御心を伝える釣鐘で、
それぞれに、仏・法・僧の文字が刻まれています。

 

羅漢洞は、
集会所としても利用されていますが、蓮華蔵世界を描いた天井画があり、
仏の世界についての解説を聞くことができます。
先代住職で仏像彫刻家だった西村公朝による、十大弟子像や仏像仏画が安置されています。

 

山門の前には、三宝の松が立ち、
裏山に通じる小さな橋、愛染橋も趣を添えています。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ