愛宕念仏寺の情報ページ

羅漢の寺

羅漢の寺

愛宕念仏寺は、別名“千二百羅漢の寺”といいます。
境内を埋め尽くす、千二百体あまりの石仏が特徴的だからです。
これは、先代の住職である西村公朝氏の働きによるものです。
氏が、仏像を製作する仏師であったことが幸いして実現しました。

 

 

そもそもこの“愛宕念仏寺”は称徳天皇により創建され、
洪水で廃寺となったものを、比叡山の千観阿闍梨によって再興されました。
しかしその後は興廃を繰り返し、本堂と地蔵堂、仁王門を残すのみの
体裁に成って荒れていったようです。

 

現在の嵯峨野の地へ移築されたのは大正11年。
復興を目指すも、思わしい結果は出ませんでした。
とうとう1955年に、天台宗本山から住職を命ぜられたのが、西村公朝氏ですが、
寺のあまりの荒れ様に、引き受けるのをためらったくらいだそうです。
そこを、清水寺の貫主・大西良慶の、おおらかな励ましと協力によりついにその気になり、
仏師として全国を駆け回りながら、この寺の復興にも力を注ぐことになりました。
その腕を存分に発揮して、本堂や地蔵堂、仁王門の整備を果たします。
本堂は現在、重要文化財に指定されています。

 

そして1981年に『昭和の羅漢掘り』を開始し、
国家安泰を願って、素人の参拝者が自分で石仏を掘って奉納する、
というキャンペーンを打ち上げます。
当初の目標は500体だったのですが、10年後には1200体に達しています。

 

ホームページには、この羅漢の写真がたくさん掲載されています。
真っ白な雪を被って寒そうに首を縮めているもの、
紅葉を背景に、嬉しそうに微笑んでいるもの、
一体一体、唯一無二のお顔ですから、個性が満載です。
しかもそれが千二百体に及ぶ数ですから、静寂の中にも寂しさは感じられません。

 

時を超えた、神聖なまでの自然の中に、
素人の手による人工の作り物が並ぶ姿は一見、違和感を及ぼしそうではありますが、
それらが、人々の中の仏を具現化した石仏であるために、
微笑ましくも、自然な調和を持って目前に現れてきます。

 

神聖さと人間味の融合したお寺となっています。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ